記事一覧

風の強い日の作品(3)

第3弾です。M31です。  higlasi-2A Canon EOS KissX50 露出時間127sec  ISO1600.4枚コンポジット 画像調整あり 風が強いわりにはいい写真が出来たかな。星も点像だし、奇跡に近いな。 もっと銀河の明暗がはっきりしてたらいいのになぁ…と思いつつ、現時点では75点かな。...

続きを読む

予約大丈夫かな?

出張のため宿の予約をしようと、ある宿に電話をかけました。 電話に出たのはおばあさん。 「他に人がいなくて、私何もわからないから1時間後にまた電話ください。」 と言われ、1時間後にかけなおしました。すると、 「ごめんねぇ。まだ誰もいないから、1時間後にまた電話ください。」 だいじょうぶか?と思いつつ、また電話を… 「何度もごめんねぇ。帰ってきたらこちらから電話をかけるから、連絡先...

続きを読む

風の強い日の作品(2)

第2弾です。 先日も書きましたが、風が強く、星像がぶれているのがとても残念です。 またまた、オリオン座大星雲(M42)です。 どうぞ higlasi-2A Canon EOS KissX50 露出時間59sec  ISO1600.8枚 + ISO3200.8枚 =16枚コンポジット 画像調整あり ISO1600を8枚のみコンポジットやISO3200を8枚のみのコンポジットとか試して比較してみたけど、16枚コンポジットが一番良かったように思えました。次によ...

続きを読む

風の強い日の作品(1)

その日は、風速4~6mの風が吹いていました。時折突風が吹くし、寒いし。 そこは時間とタイミングを考えると、今日という日はまたとないチャンスなので我慢我慢。 では、プレアデス星団(M45)です。higlasi-2A  Canon EOS Kiss X50   焦点距離250㎜ 露出時間241sec ISO1600 4枚コンポジット 風が強い影響か、1枚1枚が星が流れたりぶれたりして、コンポジットしてもいい感じになりませんで...

続きを読む

今までで一番いい出来栄え

21日、漁火と漁港の灯りで影響があったものの、風は程よくあるぐらいの夜でした。 では、 ISO1600   露出時間59秒 焦点距離250mm 8枚コンポジット 画像処理あり  今までで一番よくピントが合い、星も流れていません。 感動ものです! 光害がなければ、もっと深い写真ができるんでしょうか。 22日に写した光害の少ない写真が楽しみです。…風が強かったんだ、その日。  ...

続きを読む

風が強い夜でした

今夜は光害の少ないところで写真を撮りました。ポータブル赤道儀のhiglasi-2AにCanon EOSkissX50をのせて頑張りました。 で、成果ですが、風が強く(言い訳)上手くできませんでした。強風で星像がぶれているのが多数。せっかく光害の少ないところへ出動したのに、残念です。 とりあえず1枚撮りのオリオン座大星雲、M42をどうぞ。 ISO200  露出時間1022秒  画像処理なし  焦点距離250㎜ 1022秒で...

続きを読む

これは…何点ぐらいの出来?

月齢12.7の明るい夜に、オリオン座大星雲を撮ってみました。それも、頑張ってコンポジットもしてみました。ISO800、露出60秒で8枚コンポジットです。CanonのソフトDigital Photo Professionalを使用。これは、どうなんだ?初心者にしては上出来なのか?上出来なわけないか。カーチス・デジカメ法で極軸を合わせるときに…なんと、北極星の軌跡ではないところに北極星を合わせていたことが後で判明…以前よりも上手く軌跡を合わせるこ...

続きを読む

はじめてしまいました!

本当に気まぐれで開設してしまいました。いつまで続くやら…。 で、なぜ始めたかというと、写真を撮ってみたから。 それも星の写真。 ラブジョイ彗星です。 昨年の10月にhiglasi-2Aというポータブル赤道儀を購入し、きれいな星空を少し写したいなぁ、と思いながらもいろいろありまして、まだ5回ほどしか使えていません。その数少ない成功例のうちの1枚がラブジョイ彗星です。コンポジット方法などもまだわから...

続きを読む

プロフィール

たっくん

Author:たっくん
趣味で天体撮影をしています。
のんびりと記事を書いていきますので、よろしくお願いいたします。