記事一覧

M97とM108

おとといの夜に撮影した北斗七星にあるM97とM108をアップします。では、 Canon EOS kiss X50    higlasi-2A    タカハシFS-60CB   フラットナー使用  焦点距離:370mm   露出時間:299秒   ISO:1600  8枚コンポジット   画像修正あり  トリミングあり 昨日も書きましたが、11枚連続撮影をしたうち8枚成功したものをコンポジットしました。極軸合わせが上手くい...

続きを読む

再びM51

昨夜の空は状態がとてもよく、一晩中晴れ予報なら遠征に行きたかったくらいでした。ブログアップは今日だけで3回目。M51の他にもう1枚撮ったので、後程アップしようと思います。 子持ち銀河 M51は、先日の月の光の影響で綺麗に写すことが出来なかったので、再挑戦しました。では、Canon EOS kiss X50    higlasi-2A    タカハシFS-60CB   フラットナー使用  焦点距離:370mm ...

続きを読む

オリオン座

冬の星座といえばすぐに思いつくのはオリオン座です。そのオリオン座も夜に空を見上げれば水平線に沈みゆく姿として見ることが出来ます。去年の12月あたりから何度もオリオン座を写してきましたが、おそらくこれが今冬の最後になると思います。では、Canon EOS kiss X50    higlasi-2A    焦点距離:32mm   露出時間:360秒   ISO:1600 3枚コンポジット   画像修正あり  トリミングあり ...

続きを読む

ふたご座と木星

ここ最近は星座の撮影がご無沙汰でしたので、今夜はふたご座の写真を撮ってみました。では、Canon EOS kiss X50    higlasi-2A    焦点距離:32mm   露出時間:606秒   ISO:800画像修正あり プロソフトンA使用 カストロとポルックスの色の対比がとても綺麗です。久々の星座の撮影でしたが、極軸合わせが上達したようで、露出時間10分でも星は流れなくなりました。焦点距離32mmというこ...

続きを読む

月と火星

今日は満月。最接近直後の火星とのツーショットです。記念に1枚。 では手持ちで撮影したものを、適当にコンポジット。  ...

続きを読む

一番好きな天体

 月齢13日の今日も撮影には適さない日でしたが、こんな日でもなんとか撮ってみたいという冒険心のような気持ちがあったので、月の光が弱くなる月の入り前あたりから、太陽の光が邪魔をしない短い限られた時間で撮影を決行してきました。 撮影対象は、これを大口径で見たらどんなにきれいなんだろうという思いから私がスカイウオッチャーのDOB(10)を買おうと決心するきっかけとなった天体です。 ちょうど天頂付近にあったため、...

続きを読む

こと座の星雲 失敗作

風が強く、月明かりがまぶしい中の失敗作もアップします。風でぶれぶれの写真を無理やりコンポジットしたので、星は点ではありません。こと座のM57です。では、Canon EOS kiss X50    higlasi-2A    タカハシFS-60CB   フラットナー使用  焦点距離:370mm   露出時間:183秒   ISO:1600 9枚コンポジット   画像修正あり   トリミングあり 今夜も晴れそうなので、月が沈...

続きを読む

再びM51

先日の運の無さが解消されているか確認するため、再度M51の撮影をしました。風が強く、月明かり(月齢12日)が強い中での撮影でしたので、風の影響でぶれたものを除き、いいものでコンポジットしてみました。では、Canon EOS kiss X50    higlasi-2A    タカハシFS-60CB   フラットナー使用  焦点距離:370mm   露出時間:184秒 ISO:1600 2枚    露出時間:122秒 ISO:1600 6...

続きを読む

なんだかなぁ~

昨日は、本当に運の無い日でした。仕事では、予定していた現場が中止になり、快晴の昨夜は早く帰って星を見ようと思っていたのに、帰り間際に仕事が入るし。なんといっても運が悪かったのは天体撮影中。 ポータブル赤道儀が今までにないような不具合をおこし、結局撮影できたのはお試しで撮った月と帰り間際にやけくそで撮ったM51のみ。 ポータブル赤道儀を3分のバルブ撮影設定で撮影をはじめたのに、バルブになってい...

続きを読む

北斗七星の銀河

先日のFS60CBのテスト撮影のときに、北斗七星にあるM97とM108を撮っていました。では、Canon EOS kiss X50    higlasi-2A    タカハシFS-60CB   フラットナー使用  焦点距離:370mm   露出時間:360秒   ISO:1600 4枚コンポジット   画像修正あり  トリミングあり 惑星状星雲(フクロウ星雲)の目ん玉が2つ見えます。星が少し流れていますが、まずまず綺麗に撮れています...

続きを読む

プロフィール

たっくん

Author:たっくん
趣味で天体撮影をしています。
のんびりと記事を書いていきますので、よろしくお願いいたします。