記事一覧

2.4mmあたりかな

ゴム板を2.4mmの厚さで切って、スペーサーとして使い、お試し撮影をするほんの少しの晴れ間がありました。FS-60BCでの撮影を、もっと楽しくするためにお試し撮影です。スペーサーが無い状態では、特に左上と右上の星が少し流れていましたが、2.4mmのスペーサーを入れた時、星はどうなるだろうかと、期待半分でのお試しです。では、写真の左上1/4です。少し流れていますが、かなり改善されています。次は写真の右上1/4です。左...

続きを読む

フラットナーのスペーサー

先日、FS-60CBでフラットナーを使用して写真を撮ると四隅で星像が点ではなく線で写真に写っているので、時間をかけて解決していこうとブログで書きましたが、急展開がありました。Yahooブログで星関係のブログをよく拝見していたのですが、今日、niftyココログでFS-60CBで検索をして見たところ、ある方のブログにたどり着きました。そこには私と同じような悩みが記載されていて、なかに、2.4mmのスペーサーを入れれば良くなるとい...

続きを読む

M42

晴れ間を見て、写真の4隅の星の流れを矯正するため、手作りパッキンやセロハンテープでの補正等を行っていますが、なかなかうまくいきません。時間がかかりそうなので、長い目で作業を行っていきたいと思います。そうじゃないと冬となり雪が積もれば外での観望も厳しくなるので、今のうちに少ない晴れ間を見て撮影を優先に行っていきたいと思っています。雪が積もれば、PM-1XYのような小さい赤道儀の極軸合わせもしんどくなり...

続きを読む

周辺像の改善のため

写真撮影後の処理が終わり、さあ出来上がったぞと写真を見ると、どうも周辺(四隅)の星が流れているのが気になり始めました。フラットナーを使用してはいますが完全には星像を矯正することは出来ないみたいで、どうしたものかと思っていたところ、ワッシャーを入れている方がいらっしゃるみたいだったので、私の望遠鏡でも出来るのではないかと思い試してみました。はじめに今まで使用していた状態での写真です。一部電線が写りこ...

続きを読む

ISS

11月6日の朝6時40分ころ、南西の方角から見え始めました。約4分間の観望でしたが、とてもスリリングな時間でした。DOB10(s) Canon EOS Kiss X50    ISO3200    露出時間1/2000 トリミングあり手動でISSをとらえるのはとても難儀でした。中腰で空気椅子状態の4分間だったので、撮影終わりには膝が笑っていました。20枚ほど撮影出来ましたが、ちゃんと写っていたのはこの1枚のみ。他はDOBの振...

続きを読む

NGC7380 と NGC6888

2夜に分けて撮影したNGC7380を22枚スタックしてみました。が、(p_-)とても淡すぎます…FUJIFILM  X-M1     タカハシPM-1XY    タカハシFS-60CB   フラットナー使用  焦点距離:370mm露出時間:240秒   ISO:2500DPPにて画像修正、トリミング22枚コンポジットそして、もう一つ、NGC6888別名三日月星雲です。FUJIFILM  X-M1     タカハシPM-1XY    タ...

続きを読む

M31に再挑戦

さて、先日の空模様はどんよりとしていたためか、M31の映りがいまいちでした。そこで、昨日、同じ条件で撮影をしてみました。では、先日の物からおさらい。こんな感じでした。処理し終わってから、もう少し炙り出せるはずなのにと思いました。Canon EOS  Kiss X50のダブルズームキットのレンズなのであまり写らないのかとも思ったのですが、1年前の、天体撮影をはじめた頃よりも上達しているはずなのに、その頃とあまり差...

続きを読む

M31の再処理

先日撮影したM31を再処理してみました。周辺減光がひどかったので、なんちゃってフラットフレームを作成し、スタックをしてみました。では、Canon EOS kissX50    higlasi-2A   焦点距離:250mm   露出時間:120秒   ISO:320012枚コンポジット  フラット、ダーク補正あり トリミングあり先日よりはいい感じになりました。CANONレンズ用のフラットフレームを適当に作成したおかげで、ス...

続きを読む

NGC7380

満月も過ぎ、撮影には良い時期に突入してきました。天気予報は日中から晴れなはずが、ずっと曇り。夜も雲が行き交う、もやっとした感じでした。が、せっかくの束の間の晴れ間。大切にしましょうと、機材を持ち出し、撮影決行です。何を撮影しようか悩みましたが、NGC7380にしました。別名鳳凰星雲ともいうらしいです。では、FUJIFILM  X-M1     タカハシPM-1XY    タカハシFS-60CB   ...

続きを読む

プロフィール

たっくん

Author:たっくん
趣味で天体撮影をしています。
のんびりと記事を書いていきますので、よろしくお願いいたします。