記事一覧

ガーネットスターとIC1396

7月6日の夜には沢山撮影をすることが出来たのですが、今日アップする写真が最後になっていしまいました。連休で時間があったので一気に処理を進めたので、あれ?これで写真は終わりだよな…。夜に処理をすると室内の明かりが黄色っぽいからなのかよく色で迷うのですが、日中処理をすると太陽の光、自然光で見るからなのか色に迷いがないし、時間を置いてから再び見ても色を直そうとはあまりならないんです。ですので、今日は日中に...

続きを読む

網状星雲

はくちょう座が天頂に昇ってくる季節になりました。この日の空の状態はまあまあ良い感じ。天頂付近で撮影したら綺麗な星を撮ることが出来るなと考えて網状星雲を撮影することにしました。さて、はじめに望遠鏡での撮影です。タカハシPM-1XY タカハシFS-60CB マルチフラットナー使用 焦点距離:370mm   FUJIFILM X-M1 QHY5L-ⅡM  ガイド鏡50mm DEF‐GuiderISO:3200  露出時間:180秒で26枚、DSSでスタックPhotoshopCCで処理...

続きを読む

彼岸花と出目金星雲

未改造カメラシリーズは続きます。次に撮影したのは彼岸花と出目金星雲です。これは初めての撮影で、どのぐらい写るのか予想が出来ません。なので、気持ちISOを2500から3200に上げましたが、露出オーバーになるのを恐れて露光時間は240秒から180秒に落としました。結果、240秒でも行けたかもしれないヒストグラムだったので、空の状態はだいぶ良かったようです。では、タカハシPM-1XY タカハシFS-60CB マルチフラットナー使用...

続きを読む

M8とM20

前日は私の赤道儀PM-1XYが安定せず、撮影した物は全て星が流れているという悲しい思いのまま撮影が終わってしまいました。そこで、原因を探るべく再びフリーソフトのガイドソフト、DEF-Guiderの取説を読み、使用している人のブログを覗いたりして考えてみたのですが、星の移動速度より少し遅く追尾するように赤道儀を設定し、プラス方向のみの補正でガイドするのは無理があるのかなぁと。実際、星はまん丸になることはほぼなく...

続きを読む

バンビの横顔

先日の九州地方での大雨で被害を受けた方々には心よりお見舞い申し上げます。東北地方では梅雨に入っているはずなのにいつもより晴れ間が多いくらいです。ここまで晴れ間が多いと見ず不足になるのではないかと心配になりますね。さて、金曜日の夜に出撃しました。天気予報では快晴!現地も快晴!しかし、白くもやがかかったような感じで空の状態はあまりよくはありませんね。しかし、新月期の週末という貴重な時期なので時間がもっ...

続きを読む

プロフィール

たっくん

Author:たっくん
趣味で天体撮影をしています。
のんびりと記事を書いていきますので、よろしくお願いいたします。